管理職に対する適性

IT業界において、プロジェクトマネージャーなどの管理職は、システムエンジニアが経験を積んで目指すのが通例です。開発プロジェクトを統括する上でプログラミングの知識は、どうしても必要になります。そのため、システム開発の経験がないものがプロジェクトマネージャーを目指すのは難しい面があるのです。

しかし、決して不可能というわけではありません。どの分野で働いたとしても、自らプログラミング言語の学習をすることで自分のキャリアパスにプロジェクトマネージャーを組み込むことは十分可能です。それに、システムエンジニアだけでなく、色々な分野からプロジェクトマネージャーが輩出されれば管理職の人材も厚くなります。例えば、インフラエンジニアは通信インフラのトラブル処理が主業務で、何かがあれば迅速な対応が求められます。そのためには幅広い知識と技術が必要であり、絶え間ない学習によってトラブルに備えなくてはなりません。

また、トラブルに関する問い合わせがあった場合は、適切に応対するだけのコミュニケーション能力も問われます。そうして現場で鍛えられたインフラエンジニアは縁の下の力持ちであり、同時に、土俵際に強いタイプだとも言えるでしょう。こういったタイプの人材がプロジェクトマネージャーの中に入れば、心強いことこの上ありません。このように、幅広い分野から持ち味を生かした人材活用が出来るようになることこそがあるべき姿ではないでしょうか。

Swiftray Theme Powered by WordPress